目の疲れをとるには

目の疲れをとるには

目が疲れた時の対処方法は、冷パックか温パックがあります。字を見たり、パソコンやテレビの見過ぎの場合は目がしょぼしょぼするので、これは血行不良のサイン。熱めのお湯で絞ったタオルを目にあててパックすると良いでしょう。目の周りの血管が広がり、血行が良くなります。

目の疲れをとるマッサージ

 

充血した目には冷パックの方が良いでしょう。氷水で絞ったタオルを目に当てれば気持ち良くなれます。しょぼしょぼ充血目には、冷バックと温パックを交互に充てて手当をしてみましょう。

 

次に目の体操やマーサージも目の疲れをとるには、効果適面です。パソコン作業等の目の疲れに効果があるのは、一度目をギュと閉じてパッと開ける。黒目を右左に動かす。黒目を上下に動かす。30分に一度は目をクルクル回転させて、動かしましょう。

 

老眼予防に良い体操は目のギュッパ体操と、クルクル回転体操が効果的です。凝り固まった毛様体筋をほぐし、老眼を遅らせる効果もあります。

 

疲れ目に効果ある体操は、近くにあるものを10秒から20秒見続けた後に、なるべく遠くの物を5秒間、ぼーっと眺める事を1日数回繰り返して下さい。

 

疲れ目改善のマッサージは、目の周りにある疲れ目に効くツボを5から6回押せば、OKです。ツボは押さえるとツーンとする所がツボになります。又、疲れ目につきものなのが、肩こりや首こりですので、肩や首や頭のマッサージを行う事で眼の疲れが取れます。疲れ目に聞く栄養素を摂る事も大事な事です。

 

よく読まれている記事
目にサプリメントの選び方