低下してしまった視力の回復方法とは

 

私達の生活では、目を酷使してしまう状況がたくさんあります。そのような生活を送り目にダメージを与え、視力が低下してしまった人も多いのではないでしょうか。そんな場合、視力を回復させることは可能なのでしょうか。可能であればどのようなことを行えばいいのか見ていきましょう。

 

目の視力が低下する原因

 

視力検査を行った際、視力が著しく低下していて驚いたということはありませんか?視力が低下してしまう原因にはこのようなものが挙げられます。

  • パソコンやスマートフォンなどの使いすぎ
  • ディスプレイを見る位置が間違えている
  • メガネやコンタクトレンズが自分と合っていない
  • ストレスを受けやすい
  • 老化によるもの

 

この現代社会は情報社会でもあります。そのため、多くの人はパソコンやスマートフォンにかじりつき、長時間目を酷使していることに気付いていません。気がついたらすでに視力は低下しており、見えにくくなっていたというパターンです。

 

ものの見えやすさを決定している重要な器官が毛様体筋という筋肉です。この筋肉はレンズの役割を持っている水晶体を両端から支えています。それに加え、自らを伸ばしたり縮めたりして形を変えながら、水晶体の厚みを変化させています。それによってピントを調節しているのです。

遠くを見る時・・・毛様体筋は伸び水晶体が薄くなる

近くを見る時・・・毛様体筋は縮み水晶体が厚くなる

 

このようにして伸び縮みを繰り返している毛様体筋は、パソコンやスマートフォンなどの一定画面を長時間を見続けることによって、しなやかさを失い、コリ固まってしまいます。血行不良を起こすわけです。毛様体筋がそのような状態になってしまうとピント調節はうまくいかず、ぼやけたりかすんだりして見えるようになってしまいます。

 

この毛様体筋のコリは、どのようにしてディスプレイを見ているかが重要なポイントになってきます。あなたはディスプレイを見る際、見上げていますか?見下ろしていますか?正解は見下ろすことです。ディスプレイの位置が目線より高く、見上げるようにして見つめていると、毛様体筋のコリに拍車をかけることになります。コリは全身に移動し、頭痛や肩こりを引き起こしてしまいます。

 

コンタクトレンズやメガネが自分と会っていない場合、目はピントを合わせようと必死になります。そのためめまいがしたり、吐き気をもよおすということもあります。

 

ストレス

 

またストレスも視力低下に大きな影響を及ぼす原因のひとつです。ストレスと視力にはなんの関係もないように感じますが、実は大アリ。ストレスは交感神経と副交感神経のバランスを乱します。これを自律神経失調症と言います。

 

自律神経の乱れは体全体の問題であり、目の例外ではありません。このような自律神経の乱れによる目の異常を、心因性視力障害と言います。心のケアも必要になってくるのです。

 

そして老化。老化により視力が低下することを老眼と言います。毛様体筋やその他の機能が、老化により低下していくことで誰もが避けて通れない道です。この老化を少しでも遅らせることがポイントとなります。

 

視力を回復させることはできるのか

 

低下してしまった視力を回復させることはできます。ただし、手術なしで回復できる場合とできない場合があるとのこと。一般的に視力が低下している目は近視の状態になっています。遠くのものにピントが合いにくい状態です。近視には2種類あります。

  • 軸性近視
  • 屈折性近視

 

軸性近視は眼軸と言われる部分が長すぎて、網膜の位置がずれてしまいピントが合わなくなってしまったもの。一方の屈折性近視は水晶体と角膜の屈折力が強すぎて、水晶体が厚みを増して膨らんだままになってしまいピントが合わなくなったものです。

 

軸性近視の場合、眼軸の長さを変えることは不可能なため、手術なしでは視力の回復はできません。そのためレーシック手術などで、角膜を削ることで近視を治します。結果的に視力の回復はできますが、手術なしでは不可能ということです。

 

屈折性近視の場合は、手術なしでも視力を回復させることができます。水晶体が膨らんだままになってしまった屈折性近視の水晶体を元に戻すマッサージやストレッチ、トレーニングを行います。水晶体が元の厚みに戻れば、次第に近視も回復するということになります。

 

老眼も視力の回復はできるのか

 

老眼

 

老眼は水晶体を支える毛様体筋を含むさまざまな機能の低下によるものです。老眼の症状はだいたい40代の半ばから始まり徐々に進行していくと言われています。その症状は遠くのものにピントが合いやすく、近くのものを見るとぼやけるというもの。

 

では老眼は回復可能なのでしょうか。はっきりとは言えませんが、老化現象として受け入れ、これ以上症状が進行しないようにケアするといった方法がいいと思います。長時間細かい字を読まないとか、休憩をきちんと取るなどの注意が必要です。

 

老眼鏡老眼用のコンタクトレンズで視力矯正を行うといいでしょう。無理をすると肩こりや目の疲れなどをさらに助長させてしまいます。また年齢を重ねると緑内障白内障などにもなりやすくなりますので、目の検査も積極的に。

 

サプリメントは、目に良い有効成分を手軽に便利に摂取出来るアイテム。ですが、自分に合ったものを選ばないとその効果は半減してしまいます。サプリの選び方はこちらのページでチェック。

目に良いサプリメントの選び方

 

 

よく読まれている記事
目の視力を回復させたい!年代別おすすめサプリ | 目のサプリ
つらい目の疲労を回復させたい!対処法とおすすめサプリ | 目のサプリ