ルティンが目に効果的な理由

カロテノイドの一種であるルティンが目に効果的な理由は、大きく分けて2つあります。まず、ルティンは緑黄色野菜などに含まれるカロテノイドの一種で黄色い色素ですが、その中でも体内でビタミンAに変換されにくいという特徴があります。

緑黄色野菜に含まれるルテイン

 

そのため、全てが抗酸化物質として使われるために目に効果的とされています。 ルティンは目の全ての組織に含まれており、特に目のレンズにあたる水晶体、網膜の中心部の黄斑部に多く含まれています。

 

それらの部位は常に紫外線にさらされていて、活性酸素ができやすいですが、ルティンの抗酸化力によって、酸化から守ってくれるので、目に効果的であるといえます。

 

もうひとつの理由は、この抗酸化力が、がんや動脈硬化のような疾患にも効果的であり、つまり目に直接的、間接的な影響を与える疾患にも効果があるので結果的に、眼病予防と改善に効果的であるということです。

 

ルティンは、緑黄色野菜の中でも、ケールにもっとも多く含まれています。その他、ほうれん草、ブロッコリー、レタスなどに多く含まれます。その他、マリーゴールドや、グリンピース、卵黄などにも含まれます。

 

ルティンは体内では一切作られないので、食物や健康食品、サプリメントなどから摂取する必要があります。ルティンだけではなくビルベリーが配合されたサプリメンでとるのが効果的です。目の健康のためには、一日に6ミリグラムのルティンを摂取することが望ましいとされています。ルティンは脂溶性であるため、効果的に摂取し、体内に吸収させるためには、脂と一緒にとることがいいとされています。 

 

よく読まれている記事
目にサプリメントの選び方