すぐに受信が必要な危険な病気

 

目の不快症状にはさまざまなものがありますが、自己ケアだけではどうしても足りない場合があります。処置が遅ければ失明の危険性があるものもあり、一刻も早い眼科受診が重要な目の病気も。どのような症状に注意しなければならないのでしょうか。

 

網膜剥離

 

網膜剥離とはその名の通り、網膜という膜がはがれ落ちてしまう目の病気のことです。この病気になると視力がグッと低下するため、失明の危険もある病気です。眼球は3つの層に覆われています。

 

一番外側の膜を強膜といい、約1ミリの一番厚い膜です。その内側の膜をブドウ膜といい、このブドウ膜はさらにこの3つの膜に分かれています。

  • 虹彩
  • 毛様体
  • 脈絡膜

そしてこの一番内側にある膜が網膜です。網膜はまるでフィルムのような働きをし、光を感じ取ることで映像を脳へと送り届ける役割を担っています。網膜剥離を起こすと視力低下や視野が欠けるといった症状の他に、飛蚊症や光視症という症状を起こすことが多くあります。

飛蚊症・・・黒い小さな蚊のような虫が飛んでいるように見える

光視症・・・光に照らされていないのに光がチカチカしたりピカピカしているように見える症状

 

このような症状を見逃すことのないようにしなければなりません。なぜなら網膜がはがれても痛みを感じることがないからです。網膜剥離の大きな原因のひとつは、頭や目を強く打つなどのショックによるものです。

 

身に覚えがある人、そしてこのような症状が気になる人はすぐに眼科を受診を。ちなみにこの網膜剥離は年齢関係なく起こりますが、20代と50代以上に特に多いと言われています。

 

緑内障・白内障

 

緑内障・・・目の血管を流れている房水というスムーズに循環しなくなり眼圧が上がる病気

白内障・・・レンズの役割を担っている水晶体が白く濁ってしまう病気

 

緑内障にとって重要なキーポイントになっているのが眼圧。眼圧とは目にかかる圧力のことですが、いわゆる目のしなやかさ、硬さと言いかえることができます。眼圧が適度に保たれていないと、視神経を圧迫し障害が起こります。

 

緑内障の症状は暗く見えない部分が出てきたリ、視野が狭くなることから始まります。放っておくと失明の危険性があるため、素早い受診が必要です。緑内障は日本人の失明原因の1位というデータもあります。

 

診断

 

緑内障の原因は、生まれつきの人、年齢による老化が原因の人、目の疾患や薬剤によるものなど色々とあります。目の検査を受けると眼圧の上昇ですぐに発見できますので、こまめな検診が必要です。ただし、最近では眼圧は正常でありながら緑内障になるという正常眼圧緑内障の人が多いと言われています。おかしいと思う症状が現れたらすぐに受診を。

 

白内障は目のタンパク質が変化してしまい水晶体が白く濁ってしまう病気。そのため、眼球が白くなることが特徴の病気です。老化やさまざまな刺激などが原因となって起こります。

 

一番多いのは老化によるもので、加齢性白内障と呼ばれています。白内障の失明率は約3%ととても低いものですが、受診が遅れると失明の危険性は十分にありますので、放っておかないことが大切です。

 

糖尿病網膜症

 

その名の通り、糖尿病が原因となって起こる目の病気です。この糖尿病網膜症は、緑内障に次ぐ日本人の失明原因2位の病気。糖尿病は血管の糖質の量である血糖値が上昇することにより起こります。

 

この血糖値は目にも大きな影響を与え、目の血管を傷つけたり詰まらせたり、さまざまな障害を起こします。そのためそれらの不具合を補おうと、目は新しい血管を大量に作りだします。ただしこれらできたばかりの赤ちゃん血管はとてももろく、すぐに出血を起こしそれを繰り返してしまいます。

 

それにより視力低下や視界のかすみなどの症状が現れるのです。この糖尿病網膜症の症状はジワジワと進み、進行のとても遅い病気です。さらになかなか自覚症状がでないため、気付いた時にはすでにかなり進行してしまっている場合が多くあります。

 

加齢黄斑変性症

 

この加齢性黄斑変性症も、緑内障は糖尿病網膜症同様に、とても失明率の高い病気です。欧米では失明率1位であり、大変恐ろしい病気でもあります。加齢性黄斑変性症は黄斑という部分が加齢により劣化してしまうために起こる病気。

 

黄斑は眼球を包んでいる網膜の中心部分にある約1ミリから2ミリの非常に小さな点。この小さな1部分が、目にとって大変重要な役割を果たしているのです。黄斑が正常に働かなくなり異常をきたすと、視力低下などの症状を引き起こします。

 

この加齢性黄斑変性症には2種類あると言われています。

滲出型加齢性黄斑変性症・・・進行が非常に早く視力低下が著しい

萎縮型加齢性黄斑変性症・・・進行が遅く治療が的確であれば回復する

 

加齢性黄斑変性症にはこのような症状が現れます。

  • 物が歪んで見える変視症
  • 色の判別が難しくなる色別異常
  • ぼやけて見える視力低下
  • 視界の中心が黒く見える中心暗点

 

長時間目を酷使することを控えるのはもちろん、たばこが非常に大きな影響を及ぼしていることが分かっているため、喫煙をしている人は禁煙をするようにしましょう。

 

サプリメントは、目に良い有効成分を手軽に便利に摂取出来るアイテム。ですが、自分に合ったものを選ばないとその効果は半減してしまいます。サプリの選び方はこちらのページでチェック。

目に良いサプリメントの選び方

 

 

よく読まれている記事
こんな時どうすればいい?症状別対処法
目の視力は回復可能か
つらい目の疲労を回復させたい!対処法とおすすめサプリ