ドライアイを放っておくと大変なことに

 

ドライアイは現代病と呼ばれる目の病気のひとつです。パソコンやスマートフォンなどの普及により、ドライアイの症状に悩まされる人が増えてきました。ドライアイは涙の分泌量が減少してしまう症状ですが、このドライアイを放っておくとどのようなことが起きるのでしょうか。身近に起こりやすいドライアイについて見ていきましょう。

 

ドライアイとはどのような病気なのか

 

ここ最近ドライアイという言葉を良く聞くようになった気がするのは気のせいではありません。ドライアイに悩んでる人が急増したことにより、現代病とも言われています。その大きな原因は、私達の生活環境の変化でしょう。

 

テレビやゲーム、パソコンやスマートフォンなど、目を酷使するものが多く氾濫しており、残念なことにドライアイになりやすい環境が整いすぎているのが現実。ではドライアイとはどのような病気なのでしょうか。

 

ドライアイは、涙の分泌量が減少したり、涙の質が低下したり、それに伴って目に傷がついたりしてしまう病気です。涙にはこのような働きと役割があります。

  • 目の潤いを守る効果
  • 殺菌効果
  • 栄養補給効果
  • 洗浄効果
  • きれいな映像を映す効果

 

そしてその涙を目全体に行き渡らせる役割をしているのがまばたきです。ですが、パソコンやスマートフォンを長時間使用することで、通常の4分の1までまばたきの回数が減少してしまうと言われています。目の表面が乾燥していると、まばたきのたびに眼球がこすれ刺激を伴い、痛みやゴロゴロするなどの不快な症状を感じることになります。

 

目の表面が潤いの膜で覆われていないため、デコボコになり、かすみ目の原因にもなります。現代病と呼ばれているドライアイの患者は全国に2000万人以上はいると言われています。

 

ドライアイを放っておくとどうなってしまうのか

 

ドライアイは単に目が乾くだけの病気ではありません。涙の質が低下してしまうという症状も伴っています。涙の量や質が低下することによって、目にさまざまな悪い影響を与えてしまいます。

 

そんなドライアイを放置しておくと、目の表面はデコボコになり、光を的確にとらえることができず、かすんで見えたりぼやけて見えたり、まぶしいと感じるようになります。
徐々に視力が低下していくのです。そのうち、目の角膜に傷がついてしまい、常習性角膜上皮剥離などの角膜がはがれてしまう病気に進行することもあります。

 

そうなってしまうと、痛みはさらに増し、ろくに目を開けておくこともできなくなります。病名に常習性と付いているのは、この病気が一度起こるとクセになることを表しています。また、失明の危険性もある緑内障を引き起こす恐れもあるとして、ドライアイは決して放置してはいけない病気だと言われています。

 

ドライアイの治療とは

 

病院

 

ドライアイの治療のため眼科を受診すると、まずさまざまな検査を行います。

  • 涙を量を調べる

涙の出る量を調べる検査をシルマー検査と言い、専用の試験紙を目の端に取りつけ、出る涙の量を調べます。分泌量が10ミリ以上を指せば合格です。

 

  • 顕微鏡での染色検査

色の付いた専用の試験薬を目に点眼し、目の表面がどのように染まるかで、角膜に傷が付いていないかを調べる検査です。

 

  • 涙液層破壊時間(BUT)検査

ドライアイの患者の中でも、涙の量は少なくないのにドライアイであるという人が多くいます。そんな人は涙の質の低下が原因となってドライアイを引き起こしているのです。そのようなことがないように、涙の質を検査するのがこのBUT検査です。BUTはBreakUpTimeの略であり、約10秒間まばたきをせず、目を覆っている涙の層が何秒で壊れていくのかをチェックする検査です。5秒以下である場合、ドライアイを疑う必要があります。

 

ドライアイの検査はおよそ2000円から3000円程度で行うことができると言われており、気になる場合は早めの検査を受け、適切な治療や処置を行うことで改善スピードも早くなります。

 

ドライアイは治るのか

 

ドライアイは適切な治療を行うことで症状を改善することができます。ドライアイの治療は、まずは点眼薬を使用することから始まります。目の角膜を潤すだけでなく、粘膜の以上を改善する働きのある点眼薬を使用します。

  • 目の水分を補給する
  • 目が適度に湿っている状態を保つ
  • 角膜の傷を治す
  • 目のすべりを良くし不快感を解消する
  • 炎症を抑える

 

このようないくつもの働きがある点眼薬を使用し、ドライアイの症状改善を試みます。点眼薬治療でもあまり改善が見られない場合、医師の判断で涙点プラグによる治療を行う場合があります。涙点とは涙が排出される通り道のことで、その通り道を専用のプラグで閉じることによって涙の排出を抑止し、ドライアイを解消しようという治療方法のことです。この治療は、両目であれば7000円程度かかります。

 

このふたつの治療でも改善しない場合は、自己血清点眼という治療を行う場合があります。これは自分の血清成分を点眼薬として使用する治療方法のことです。この治療方法はかなりの重症ドライアイの人に適用されることが多いと言われています。

 

サプリメントは、目に良い有効成分を手軽に便利に摂取出来るアイテム。ですが、自分に合ったものを選ばないとその効果は半減してしまいます。サプリの選び方はこちらのページでチェック。

目に良いサプリメントの選び方

 

 

よく読まれている記事
目からくるさまざまな不快症状はなぜ起こる?
つらい目の疲労を回復させたい!対処法とおすすめサプリ
目の潤いをもう一度!目の乾燥・ドライアイの原因とおすすめサプリ